古代ギリシアのシモニデスが開祖といわれる。修辞学の一部門として扱われていた。
古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達した。
記憶術(nmonic)という単語の語源は、ギリシア神話の記憶の女神ニーモムシュネー(ムネーモシュネー)である。

古代ギリシアの記憶術はその後、中世ヨーロッパに受け継がれ、主に修道士や神学者などが聖書やその他の多く
の書物を記憶するために用いられた。当時は羊皮紙以外の紙がなく、印刷技術も存在しなかったため、
卓越した記憶力を養うことは教養人の必要条件であったことによる。
現在では主に、入学試験対策や資格試験対策に活用されている。

記憶術は、大きく2つの系統に分類できる。一つは、純粋に記憶のコツのようなものによって記憶の効率を上げる方法、
もう一つは、人間の能力を向上させることによって記憶力を向上させる方法である。
シモニデスによってなされた、宴の座席とそこに座っていた人間とを対応させて記憶する「座の方法」や、
そこから派生した、物を掛けるためのフック(鈎)を想像して、これに記憶すべきものを対応させる「フックの方法」
などが前者の例として知られる。

記憶術にとって大事な概念の一つに「分割」と「組み立て」が存在する。短期記憶は 7±2の法則により、
あまり多くの情報を一度に詰め込むとそれに対処できない。それゆえに膨大な情報を記憶する際にはそれをいくつかの
短い断片に「分割」(チャンク化)して、各自にそれを記憶し、後にそれをつなげる「組み立て」を行うことで記憶
を完成させるという概念である。後者の例としては、視野の拡大や、右脳の活性化などによる方法や、
記憶力の向上によい食品や生活スタイルの追求などがある。
現在体系化されている記憶術は多くは、この両者を組み合わせたものである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




難聴 治療 看護師 仕事 種類 筋トレ 方法 赤面症 克服 合コン 必勝法 記憶術 方法 復縁 方法 吃音 克服 骨盤矯正 妊娠したい リンパマッサージ

リンク集1 リンク集2



Copyright 2008 記憶術の内容と歴史 All Rights Reserved.